海さくら代表 古澤純一郎のブログ

宮城県石巻市に行ってきました。報告2

 
DSC01392.jpg

串焼きたろうで、
みんなで、真剣に話し合いました。

その後、石巻の港の状況を見にいきましたが、
相変わらず瓦礫と車が山積の光景が広がっていました。

そして、門脇小学校に行った時、
複雑な気持ちになりました。

津波と火災の被害を受けた門脇小学校。

子供達は、今、外で遊ぶ場所がありません。

理由は、簡単。公園や、グランドには、仮設住宅があり、
住宅街は、津波のあとで、ガラスなどの危険物が多く、
スペースが出来れば、そこは、瓦礫などの仮置き場になるのです。

これが現状です。

下記の写真から、何か伝わればと思います。

DSC01400.jpg

DSC01401.jpg

DSC01401.jpg

僕達は、子供達の強さや、野球を教える大人たちに、
強さや、希望が見えたのと同時に、
こんなチビッ子たちが、多くの方が亡くなった門脇小学校の前で、
震災のことも、忘れたいチビッ子が多い中で野球をやっている光景に、
言葉を失いました。

なんとかしたい!

遊ぶ場所が、ここしかないのです。

DSC01403.jpg

DSC01404.jpg

現地を見ながら、
みんなで真剣に語り合いました。

今、出来ることはなにか?と。

DSC01423.jpg

DSC01431.jpg

DSC01447.jpg

それから、夜、ふたたび、石巻市湊町一丁目の鈴木さんのお家にいき、
大漁旗をお借りした、鈴木さん(応援している鈴木さんと同姓)の家に
むかい、お礼を言いにいかせてもらいました。

龍神丸という船の、大漁旗でした。
江の島には、龍がまつられています。
これも何かのご縁かと思います。

改めて、ありがとうございました。


そして、夜は、湊町一丁目の皆さんと僕達で、
酒を飲みながら、真剣に本気純一郎で語り合いました。

もちろん、石巻海さくら代表のまさ君も一緒にいきました。

湊町の歴史、今の現状、少年時代のお話などなど、
聞きながら、本音トークになりました。

信頼関係がないと、本音は言えません。

いつの間にか、私達と湊町には、
信頼関係が生まれており、
本音で語り合えました。

そして、現実、湊町には、ポストも、
交番も、ありません。
復興計画も先がみえません。

人が住まないと、そこへのインフラのスピードが遅いことも実感。

話を聞けば聞くほど、湊町の町や人が素晴らしく、
そこへの復興への時間が、悔しくなりました。

でも、国や市に、これからも、
湊町一丁目の皆様は、あきらめず、伝えつづけるのですが、
「もう国、市には頼りすぎず、期待しないで、
自分達が出来ることをやっていきましょう。
そこから、逆に国や市を引っ張っていきましょう」

などと、僕なりに勇気のある事をいいました。

DSC01521.jpg

鈴木さんや相澤さんも、
そこから、目の色が変わり、
まだどうなるか、わからないけど、

湊町一丁目から、あの井戸を復興のシンボルとして、
僕達から復興の「のろし」をあげようじゃないか!!と
語り合いました。

ただ、鈴木さん達も気合いが入っていましたが、

僕達30代の現地の力も必要(若い世代の力)で、
その辺の連携も、石巻海さくらと話し合いました。

DSC01519.jpg

目標を作りました。

☆子供達が遊べる公園をつくる
☆その公園の横に、小さくても、集会できるスペースをつくる

子供の遊ぶ姿を見て、大人は、元気になり、
大人が元気になれば、子供も元気!
仮設住宅でバラバラになった今こそ、
集まれるスペースをつくり、
そこで、語り合う。

壁は沢山ありますが、
私達は、湊町の人達を応援していきます。

DSC01528.jpg

沢山、笑い、しゃべり、真剣maxの飲み会は、
みんな元気になりました。

その後も、鈴木さんの家の横の相澤さんのお宅で、
酒をまた飲み、語り合い、「今度来た時は、
みんなで泊まっていきな!」なんて、

「ありがとございまーーす」と畳の上で、
ゴロンとさせてもらいました。

名残惜しく、まさ君の家にもどり、
爆睡させてもらいました。

さぁ、これからです。
石巻海さくらと連携をとり、
湊町(小さい港という意味)から、
第2期、復興開始です!

よし!やってみせる!

次の日は、
福島県相馬にむかいました。
報告は、近日。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us >
代表BLOG
facebook
line
youtube
instagram